民法の勉強の仕方

民法は条文の数も多く、勉強量が他の科目よりも多い科目です。
苦手としている人も少なくありません。
だからこそ、無駄な勉強はせず効率的な勉強をする必要があります。

民法のポイントは条文解釈にあります。
どんな問題であっても必ず条文のどの文言の解釈が問題となっているかを問題提起するところから答案を書き始めてください。
そして、その条文の趣旨を使って自説を展開し規範を定立します。
あとは、問題文の事情をその規範にあてはめるだけです。

どんな問題も基本はこの手順に従って解いていけば、合格点は必ず取れます。
したがって、日頃の勉強では、とにかく問題を解いて上記のパターンに落とし込む作業をおこなうことになります。


具体的な勉強法

  • 内田民法
    初めて民法を学ぶ人は、やはり内田民法を読み始めるのが良いでしょう。
    法律の基本書としては、かなり珍しく読みやすいです。もちろん、1回で全てを理解する必要はありません。
    どんな問題点があるのか、さらっと確認するつもりで読めば十分です。
    また、注釈やコラムも最初はとばしましょう。まずは基本を理解することが大切です。
    お金に余裕がある方はここでも、予備校の講座で代用できます。

  • 択一問題、択一六法
    内田民法が終わったら、いきなり択一問題を解き始めてください。
    自信のある人は内田民法と並行してやっても良いでしょう。
    また、移動時間は択一六法で知識の補充に努めます。
    早期に、試験で聞かれる分野を絞り込み以後の勉強を効率化させます。

  • 貞友民法LIVE過去問解説講義
    良くできている本です。
    論文の事例問題にどういう思考で挑めば良いのかを確認してください。
    2回はやってください。

  • 過去問、論文問題、再現答案
    民法は暗記が勝負ですが、黙って本を読んでいても、知識は絶対に身に付きません。
    常に問題を解きながら間違ったところを基本書や解説で確認するという勉強を徹底してください。